撮る人 

DTH_5526.jpg

DTH_5510.jpg
今日は久し振りに、写真家のS氏のところへお邪魔した。
海を見下ろす森の中のアトリエは、涼しい風が通り過ぎてメジロやホトトギスの声が木々の間から届く。

帰国されてから約三週間、ようやく疲れがとれたとのこと。
パリでの個展のこと、アパート暮らしのこと、撮り歩いた路上生活者たちのこと、彼の地と日本の文化の違いなど、話はあっちに飛びこっちに飛び、絵を眺め、写真を眺め、時間はあっという間に過ぎていく。
写真を撮りながら生活するとはこういうことなのか、という答えのひとつを見せてくれる気がする。

(撮影)2014.06.29 福岡県糸島市 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


雨の週末 

DTH_5432.jpg

DTH_5468.jpg
今週は雨の週末。
何を撮るでもなく、本など読んで過ごす。
先週、家の近くで見かけたアルビノらしき白いツバメが気になり、自転車でうろうろするが今日は姿は見えず。

水産加工場のネコたちは、いつも通り気が向いたら相手をしてくれる。
この間見かけた、アメリカンショートヘア風の若いネコがいないのが気になる。

(撮影)2014.06.15 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


久し振りに③ 

DSC_3250.jpg

DSC_3111.jpg
夏鳥が減ったと言われて久しいが。。
毎年通っているこの高原でも、やはりそれは実感させられる。
夜、車中泊していても、ヨタカの声がまったく聞こえない。
遠くから近くから、地を這うように聞こえてくるトラツグミの声が、ずいぶんまばらになった。
そしてこのコヨシキリも、写せるような場所でさえずっている個体を探すのに苦労する。
緑の風景は変わらないけど、妙に静かな初夏の草原。

(撮影)2014.06.08 熊本県阿蘇 Nikon D300+AF-S500/4D


久し振りに② 

DSC_3059.jpg

DTH_5387.jpg

DSC_3022_20140610232613082.jpg
ミヤマキリシマが満開の時期だから、坊がつるのキャンプ場は賑わっているだろう。
早めに登って土曜日に下山してくる人がちらほら。
来年は行けるだろうか・・・

(撮影)2014.06.07 大分県九重長者原


久し振りに 

DSC_2912.jpg

DSC_2938.jpg

DSC_2946.jpg
一年ぶりに出かけた高原は、午後の雨が車の窓を打つ生憎の天気。
小降りになるのを待ち、傘をさして、三脚を担いでいざ出動。
日暮れ前の草原にはいつものホオアカとホオジロたち。
久し振りの鳥撮りと、久し振りのBLOG更新(^^;)

(撮影)2014.06.07 大分県九重長者原 Nikon D300+AF-S500/4D