FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名島海岸にて 

DSC_2541.jpg
最近は鳥を小さく写すことが多い。
鳥に近づく労を惜しんで楽をしていることもあるが、画面に大写しになった姿より、
風景の中にポツンと在る姿の方が、実際に見た時の印象に近いから。
10日前に見たトウネンとキアシシギ。
もう移動して、別の群れに入れ替わっているだろう。

(撮影)2013.08.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D

スポンサーサイト

ホウロクシギ 

DSC_2567.jpg
キアシシギ、トウネン、ホウロクシギなどが、少しずつ渡ってきている。
猛暑日が続くけど、シギたちの秋の渡りはすでに始まっている。

(撮影)2013.08.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


たそがれどき 

DSC_2600.jpg
日が沈み、ようやく陽射しから開放される時間。
橋の街灯は、ウミネコたちのためにあるようなものだ。

(撮影)2013.08.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


高原へ④ 

DSC_2502.jpg
草むらの中のバッタと眼が合う。
何か撮らねば、などどいう妙な気負いや焦りがなく、ゆったりとした気持ちで居られたら
不思議なもので、被写体の方から目の前に現れて来るような気がする。

(撮影)2013.08.14 大分県九重タデ原 Nikon D300+AF-S500/4D


高原へ③ 

DTH_3133.jpg

DSC_2474.jpg

DSC_2484.jpg
ヒゴタイの花。
夏の終わりから秋にかけては、紫色の花が多く咲く。
どこか沈んだ、抑制の効いた美しさ。

(撮影)2013.08.13 大分県九重タデ原


高原へ② 

DSC_2404.jpg

DSC_2452.jpg
夕方の高原。
イカルやアオゲラの声も聞こえるが、姿が見えるのはこのホオアカだけ。
カメラやレンズが、霧でしっとりと湿る。

(撮影)2013.08.13 大分県九重タデ原 Nikon D300+AF-S500/4D


高原へ 

DTH_3102.jpg

DTH_3167.jpg
相島の墓参りから帰った後、思い立って高原へ。
しんどいけど、やはり行って良かった。
真夏の陽射しを避けるように、夕方着いて翌朝帰る撮影行。
鳥はあんまりいないけど、この高原の空気の中に居られたら良し。

(撮影)2013.08.13~14 大分県九重タデ原 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


猫の島 

P8135899.jpg

P8135886.jpg

P8135891.jpg

P8135902.jpg
今年もお盆休みは、猫の島へ墓参り。
クソ暑いせいか、外をうろうろしているネコの姿は少なかった。
やっぱり、毛皮を着てると暑そうね。

(撮影)2013.08.13 福岡県新宮町相島 OLYMPUS EP-1+M.ZUIKO17/2.8


晴れた日が続きます 

DTH_2597.jpg
晴れた日は「良い天気」などと言うけれど、、、
外を歩けば、熱い空気で上からふたをされたような気分。

今日あたり、何か撮りに高原にでも行こうと思っていたのだが・・
どうにも体がだるくて遠出をする気にならない。
副作用は依然、快調なり★


猛暑 

DTH_3054.jpg
暑い日が続く。
今日などは夜になっても37度。
暖かい空気が、べっとりまとわりついてくる感じ。


夾竹桃 

DTH_3093.jpg
この木は2~3年前にばっさり伐られたのだが、いつの間にかこの通り。
伐られても、ずんずん伸びて勢いを取り戻す、この強さ。
この花の赤さは鮮やかな色だが、明るさは無い。
暗い赤は、なんとなく血の色を連想してしまう。

(撮影)2013.07.27 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。