シロチドリ 

DSC_9933.jpg

DTH_2877.jpg
ひょいと思いついて行ってみた大授搦。
シギ・チドリの群れはきれいさっぱりいなくなっていた。

コンクリートの舗道で抱卵中のシロチドリがいた。
よりによって、こんな目立つところで、という感じ。

(撮影)2013.05.26 佐賀県大授搦


梅雨入り 

DTH_2837.jpg

DTH_2844.jpg
自宅の庭の端っこにあるビワ。
今年は豊作の予感。
10年くらい前に、食べたビワの種を土の上に放り投げたら、いつの間にやら高さが3メートル近くまで伸びた。
花が咲いているときにヒヨドリにだいぶ食べられたが、まだまだたくさん実をつけている☆

今日は雨など降って、梅雨らしい蒸し暑い日になった。

(撮影)2013.05.25 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S 16-85/3.5-5.6


コアジサシ 

DSC_9358.jpg

DTH_2689.jpg

DSC_9323_.jpg
今年もそろそろコアジサシの繁殖シーズン。
この時に見た群れは、抱卵を始めたものもいたが、結局この場所を去ったようだ。
次の群れが到着するのが待ち遠しい。

(撮影)2013.05.12 福岡市東区西戸崎


名島海岸⑧ 

DSC_9672.jpg

DSC_9715.jpg
昼間は暑いくらいの季節になってきた。
年をとってくると、どうも暑さに弱くなっていかんです。

日暮れ前のキアシシギ。
ジミ~~な鳥だけど、とても良い声で鳴く。

(撮影)2013.05.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸⑦ 

DSC_9592.jpg

DSC_9621.jpg
石ではなくアオサをひっくりかえすキョウジョシギ。
この日は2羽。
上が♂で、下が♀ですね。

(撮影)2013.05.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸⑥ 

DSC_9506.jpg

DSC_9495.jpg
今日夕方名島海岸へ行ってみると、まだいた。
夏羽のハマシギたち。
日暮れ前、ブレブレ写真を量産して遊んできた☆

(撮影)2013.05.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸⑤ 

DSC_9011_20130515231003.jpg

DSC_9236_20130515231005.jpg
連休の翌週に写したハマシギ。
今週末にはもういないかも。
秋にまた会おう。

(撮影)2013.05.12 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸④ 

DSC_8221.jpg

DSC_8184.jpg

DSC_8340.jpg
かつて福岡市役所や旧運輸省が博多湾人工島の埋め立てを強行し、市民の反対運動が盛んだった1990年代。
その頃は、諫早湾や名古屋の藤前干潟など、干潟の大きな乱開発が目白押しだった。

かく言う自分もその反対運動の一端に関わっていたわけだが、当時よく聞いたのが「mitigation」という言葉。
開発による影響は避けられないものであるから、それを軽減するために代替となる措置を講じる、という意味だと記憶している。
日本の開発官庁は、まず徹底的にこれをやらなかった。
やったのは御用学者を使った「影響ない」というアセスメントを金と時間をかけてつくること。

上の写真で鳥たちが休んでいるのは、いずれも人工の岩場や桟橋。
これくらいの小規模なものでも、十分「mitigation」の役割を果たしている。
予算と権限を持った役所がその気になれば、博多湾の渡り鳥たちの減り方も、今とはかなり違うものになっていたのではないかと時々思う。

博多湾の渡り鳥が減ったのは人工島のせいだけではないけれど、人間たちの遅れた考えや無知のしわ寄せを鳥にかぶせてしまったね。。。

(撮影)2013.05.05 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸③ 

「コチドリ」
DSC_7674.jpg
「ハマシギ」
DSC_7575.jpg
藻がびっしりと張り付いた岩は、森の中の苔むした岩のように見える。

(撮影)2013.05.03 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


名島海岸② 

DTH_2342.jpg

DSC_7141.jpg
ハマシギの群れが飛ぶ。
高く舞い上がったり、海面すれすれに降りたり、
ぐんぐん近づいて来たかと思うと、一斉に向きを変えて遠ざかったり。

この眺めは、何度見ても飽きることがない。

(撮影)2013.05.03 Nikon D200+AF-S 16-85/3.5-5.6(上)
    2013.05.03 Nikon D300+AF-S500/4D(下)


名島海岸 

DTH_2539.jpg

DSC_7168.jpg
連休の後半は、毎日ここでハマシギを撮っていた。
200~300くらいの夏羽のハマシギの群れが見られるのは、博多湾ではここだけだった。
満潮時の鳥の休息場所として造られた、石積みのピラミッド。
効果はかなりあるようだ。

(撮影)2013.05.05 Nikon D300+AF-S500/4D(上)
    2013.05.03 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6(下)


立夏 

DTH_2506.jpg

毎日良く晴れた日が続く。
先週見かけて気になっていた、満開の桐の花。
これだけ盛大に花をつけても、桜のように人目を引くこともないのは、
空や背景に同化するような、ごく薄い紫の花の色のせいか。

今日は立夏の日。
連休が過ぎれば、初夏の季節はもう目の前。

(撮影)2013.05.5 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S 16-85/3.5-5.6



佐賀へ⑥ 

DSC_6557.jpg

DTH_2259.jpg

DTH_2246.jpg
オオヨシキリが鳴くアシ原の周りは、広大な玉ねぎ畑。
佐賀は北海道に次いで、玉ねぎの生産は全国で二番目だとか。
いまは収穫のシーズンで、農家は忙しそう。
帰りは農産物の直売所で、玉ねぎやレンコンをおみやげに買って帰るのである☆

(撮影)2013.04.27 佐賀県有明干拓 Nikon D300+AF-S500/4D(上)
                       Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6(中・下)   


佐賀へ⑤ 

「ムナグロ」
DSC_6297.jpg
「コアオアシシギ」
DSC_6481.jpg
連休も後半へ。
毎日晴れた良い天気。
田んぼは干潟と違って、潮干狩りの人や車がどっと押し寄せることがないからいいね。

(撮影)2013.04.27 佐賀県有明干拓 Nikon D300+AF-S500/4D


佐賀へ④ 

「タカブシギ」
DSC_6377.jpg
「コチドリ」
DSC_6236.jpg
車の中から写すので、どうしても少し上から見下ろすようなアングルになる。
ほんとうは車から降りて、三脚をローアングルにして撮りたいんだが。

(撮影)2013.04.27 佐賀県有明干拓 Nikon D300+AF-S500/4D