FC2ブログ










バン 

DSC_3475_20120531222105.jpg
収穫の終わったレンコン畑では、バンが抱卵中。
レンコンの葉を日よけのように使っているのが面白い。

(撮影)2012.05.27 佐賀有明干拓 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ハジロクロハラアジサシ 

DSC_3510.jpg

DSC_3523.jpg
日曜日、ふと思い立って行ってみた有明干拓。
シギ・チドリの姿はすでに無く、閑散。
二羽の夏羽のハジロクロハラアジサシがいたが、なかなか近くを飛んでくれない。
思いっきりのトリミング。

(撮影)2012.05.27 佐賀有明干拓 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ご近所の風景 

DTH_7588.jpg

DSC_3269.jpg
ネタがなかなか撮れないときに、とりあえず行ってみるご近所の田んぼ。
田植えが終わった。

2008年から2009年にかけて、海を埋め立てて新しい福岡空港を造ろうという馬鹿げた騒動が持ち上がっていたが、新空港の建設予定場所は、正面の小さな山の向こうだった。
もし海上空港が出来ていたら、この場所は跡形も無く開発されていただろうと思うと、感慨深いものがある。
空港の経済効果など、たかだか100年200年の話。
一方、海や風景の破壊は、未来永劫に禍根を残す。
どちらが大切かなど、考えるまでもないからね。

(撮影)2012.05.27 福岡県新宮町 Nikon D200+VR18-200/3.5-5.6G(上)
    2012.05.26     〃     Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(下)


セッカ 

DSC_3231.jpg

DSC_3255.jpg
コアジサシの繁殖した砂浜の横は、雑草が茂る空き地。
去年の年末頃から住宅地の造成が始まり、半分以上の空き地が消えた。
セッカやヒバリの姿を、ここで見られなくなるのも時間の問題だろう。

(撮影)2012.05.26 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


偽傷 

DSC_3171.jpg

DSC_3225.jpg
二年前にコアジサシが繁殖した砂浜で、シロチドリが1羽抱卵中。
人間が近くを通ると、親鳥は素早く巣から離れ、羽根に怪我をしたかのような格好をして外敵を引き付け卵を守ろうとする。
邪魔してごめんよ~

(撮影)2012.05.26 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


わき見運転 

R0024345.jpg

R0024368.jpg

R0024361.jpg
これはハマヒルガオだろうか。
海沿いの道を車で走る。
視線は道の両側、上空、海をきょろきょろ。
なにか目に付くものがあると、大急ぎで車をとめて、こんな感じで撮るのであ~る。
わき見運転注意!

(撮影)2012.05.20 福岡市東区志賀島 Ricoh GR DIGITAL2


海辺の光景 

R0024353.jpg

R0024350.jpg
こんな海辺までソファーを捨てにくる手間をかけるなら、粗大ゴミに出したほうがよほど簡単だと思うのだが。。
捨てた人は、たぶん気になってまた見に来たりするのだろう。
磯の香りと、名前のわからない白い花。

(撮影)2012.05.20 福岡市東区志賀島 Ricoh GR DIGITAL2


日曜日 

DSC_2185.jpg
写せそうな鳥を探して、あっちうろうろ、こっちうろうろ、日曜日の時間が無為に過ぎていく。
キャベツ畑の縁に座り込んで、モンシロチョウを眺めて過ごす。
前日までは、日曜日は早起きして、あれをして、これをして、と考えていたが、ハッと目が覚めると9時半。
なかなかうまくいかんものである(><)

(撮影)2012.05.20 福岡県福津市津屋崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


カラシラサギ 

DSC_8227.jpg

DSC_8267_20120518200620.jpg
2年前の写真から。
そろそろこの鳥が来てもいい頃。
今週末、探してみよう。

2010.05.02 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


麦畑 

「カルガモ」
DSC_2171.jpg
青い麦の穂が、実りの秋を思わせるような黄金色に輝く。
立夏を過ぎた麦畑。

(撮影)2012.05.13 福岡県福津市津屋崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


田園 

DTH_7527.jpg
DTH_7524.jpg
夏羽のアマサギやシギ・チドリたちは早くも姿を消し、ダイサギやアオサギが田畑の縁に佇む。
写真には撮れなかったけど、ハチクマが1羽、上空通過。
生き物たちの季節が、春から夏へと動いて行く。

さっき気づいたけど、ほったらかしにしておいた水槽の中のカブトムシの幼虫が、いつの間にか蛹になっていた。

(撮影)2012.05.13 福岡県福津市津屋崎 Nikon D200+VR18-200/3.5-5.6G


オオヨシキリ 

DSC_2020.jpg

DSC_2057.jpg
今年も干拓地のススキの原に、行々子の声。
風で揺れるススキのあいだに、赤い口が見え隠れする。

2012.05.06 佐賀県有明干拓 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


オグロシギ 

DSC_1884.jpg

DSC_1900.jpg
今年の春の有明干拓は、鳥が少なかった。
めぼしいものは、このオグロシギ2羽と、あちらこちらの田んぼにいたタカブシギくらい。
車でそーっと近づき、驚かさないように車から慎重に降りた後、姿勢を低くしてそろりそろりと近づく。

2012.05.06 佐賀県有明干拓 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


メダイチドリ 

メダイチドリ
DSC_1706.jpg
数千羽の大群の中でも、やはり大体種類ごとに固まった群れを作る。
メダイチドリは、なぜかハマシギの大群より手前にいることが多いような気がする。

2012.05.06 佐賀県大授搦 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


群れ 

DSC_1640.jpg

DSC_1732.jpg

DSC_1700.jpg
夏羽のシギ・チドリの密集した群れ。
鳥屋にとっては、この上なくぜいたくな眺め。
日本で見られる場所は、ごく限られている。

2012.05.06 佐賀県大授搦 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


緑はあざやか 

DSC_1581.jpg

DSC_1588.jpg

DSC_1602.jpg
高千穂から帰る道すがら、あまりに鮮やかな草地の緑と、こっちをジーッと見る牛が気になって、しばし立ち寄る。
いくらおとなしい牛でも、目の前にずんずん近づいてこられると、ちと引いてしまうね。

(撮影)2012.05.05 熊本県阿蘇・高森町


キャンプは楽しいね 

DSC_1527.jpg

DSC_1516.jpg

DSC_1547.jpg
この日のお泊りは、キャンプ場のバンガロー。
テラスから見下ろすと、オートキャンプで賑わうキャンプ場。
標高1200mでかなりの山奥なのだが、連休とあって結構な賑わい。

(撮影)2012.05.04 宮崎県西臼杵郡高千穂町


絵葉書的な・・・ 

「高千穂峡」
DSC_1448.jpg

R0024251_20120506212837.jpg
「天岩戸神社」
DSC_1486.jpg
「高千穂神社」
R0024259.jpg
絵葉書的な、あまりに絵葉書的な高千穂峡の風景に、奇妙な既視感。
遠くで、ボートの今の待ち時間を知らせるアナウンス。
観光地の写真は、演出とトリミングで完成度が高まるものだと、これまた妙に納得。

八百万の神々のおわす社は、森閑とした森の中。
連休中は観光客で賑わうが、盛夏の頃、降るようなセミの声の下で眺めてみたい佇まい。
夜神楽も一見の価値ありそう☆

(撮影)2012.05.04 宮崎県西臼杵郡高千穂町


立夏の日 

DSC_1466.jpg

DSC_1515.jpg
連休は一泊二日で、宮崎の山の中へお出かけ。
天の岩戸や天孫降臨の神話の町も、観光客で大賑わい。
初日は山奥のキャンプ場へ。
なかなか鳥の写真を撮るヒマはないのである(汗)

(撮影)2012.05.04 宮崎県西臼杵郡高千穂町 Nikon D300+AF-S18-200/3.5-5.6G


アカメガシワ 

R0024207.jpg
連休も今のところは、大したものは撮れず。
香椎の海岸を歩けば、アカメガシワの若葉の赤が鮮やか。

(撮影)2012.05.03 福岡市東区香椎 Ricoh GR DIGITAL2


夏羽の季節 

「サルハマシギ」
DSC_7372.jpg
2010年春は、この鳥の当たり年だった。
こんな夏羽を見る機会にも恵まれたが、今年はどうなりますやら。
今がまさにシギ・チドリの夏羽(繁殖羽)の季節。

2010.05.01 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ