FC2ブログ










三度目の出水③ 

DTH_7332.jpg

DTH_7398.jpg
この時期の出水は、ツルの周囲の風景に緑が多く、柔らかな印象。
花を入れて写そうとするけど、なかなかうまくいきませんね。

(撮影)2012.02.26 鹿児島県出水 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


三度目の出水② 

「カワラヒワ」
DSC_5963.jpg
「オオジュリン」
DSC_6006.jpg
車でうろうろして丹念に探すと、やはりそれなりにここは鳥がいる☆
カワラヒワがなるセンダンの木と、アシにとまってこっちを見るオオジュリン。
車の窓から、そーっと500ミリの先を出して撮る。

(撮影)2012.02.26 鹿児島県出水 Nikon D300+AF 500/4DⅡ


三度目の出水 

DSC_6071_20120227224157.jpg
今冬、三度目の出水。
いつものように夜中に車を走らせ、車中泊で朝を待つ。
なかなかにしんどい行程なのだが、この場所にたどり着くために掛ける時間と手間が、遠出の気分を盛り上げる。
渡去が進み、マナヅルの数はわずかで、このナベヅルの姿がほとんどだった。

(撮影)2012.02.26 鹿児島県出水 Nikon D300+AF 500/4DⅡ


椿 

P2194515.jpg
志賀島の山の中にある、大きな椿の木。

冬の乾燥した季節は、撮影で長い時間外にいて手先を使い続けると、荒れて堅くなった指先の皮膚がパリッと割れてあかぎれになる。
しんとした冷たい里山の空気の中に居て、鳥を待つ。
艶然と咲く椿の赤と、指先の血の赤が同じ色に見えたりする。

(撮影)2012.02.19 福岡市東区志賀島 OLYMPUS E-P1+M.ZUIKO 14-42/3.5-5.6


カワラヒワ 

DSC_5870.jpg

DSC_5893_20120225160321.jpg
春が近づいて、ようやく小鳥の姿が少し増えてきた気がする。
来週あたりは、はや啓蟄の頃。

(撮影)2012.02.19 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


冬の海 

「シロエリオオハム」
DSC_5783.jpg
「ウミウ」
DSC_5838.jpg
年度末が近づくと疲れますね。特に今年は。。。
冬の荒れた海は、ほかの季節の海より暗い色。
海から吹きつける冷たい風が、寒いやら、気持ち良いやら。

(撮影)2012.02.19 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


水仙 

DSC_5906.jpg
日差しが強いときは、暗く落ちた背景に星のように浮かぶ。
冬に咲くこの花のかんばせの、明るさと暖かさ。

(撮影)2012.02.19 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


アオジ_その② 

DSC_5715.jpg

DSC_5728.jpg
この日はアオジによく会った。
雪の降る中に、草の緑が鮮やか。
春近し。

(撮影)2012.02.19 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


アオジ 

DSC_5667.jpg
この日、今冬初めてシロハラの飛ぶ姿を見、「シーッ」という声を聞いた。
雪の降る畑の脇にしばらくしゃがんで鳥を待つ。
アオジやウグイスが、枝の間を縫うように通り過ぎる。

(撮影)2012.02.19 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


雪の日 

P2194497.jpg

P2194493.jpg

P2194500.jpg
福岡では積もるほどの雪は、一冬に何度も無い。
なので、雪が降るとなんだかじっとしておれず、そわそわした気分。
なにか撮らねば!と楽しいやら、落ち着かないやら。

(撮影)2012.02.19 福岡県新宮町 OLYMPUS E-P1+M.ZUIKO 14-42/3.5-5.6


ヒレンジャク 

DTH_9580.jpg
この鳥にもずいぶんご無沙汰。
この時に撮って以来、お目にかかっていない。

(撮影)2007.02.20 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S 500/4DⅡ


ごぶさた 

DSC_5208.jpg

DSC_5218.jpg
和白の通称「海の広場」に車で近づけなくなってから、ネコたちにもずいぶんご無沙汰。
彼らは今ごろどうしているだろうか。。。

(撮影)2006.02.18 福岡市東区和白 Nikon D2H+AF-S 500/4DⅡ


さあ、帰ろう。 

DSC_5651_20120214211717.jpg

DSC_5599.jpg
なにも撮れなかった日曜日、日暮れ時にあきらめきれずに和白に来てみる。
鳥も人も閑散。
こんな日は、さっさと帰って本でも読もう。

(撮影)2012.02.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


寒い朝 

P2124426.jpg

P2124455.jpg

P2124444.jpg
よく晴れた日曜日の朝。
放射冷却で、草木や地面に霜が張り付く。
今日は少年サッカーの試合で、自称本業の鳥の写真はおやすみ。。。
休みが日曜の一日だけだと、こういうときに困るんだな(><)

(撮影)2012.02.12 福岡県小郡市 OLYMPUS E-P1+M.ZUIKO 14-42/3.5-5.6


ミサゴ 

DSC_8311.jpg
撮ったままのカットは、翼の下面は黒くつぶれているのだか、これくらいまではパソコンの中で簡単に補正できる。
カメラやソフトウェアの力で、様になる写真が出来上がっていく。
デジタル写真のありがたさと手軽さと手前味噌な錯覚。
自分が撮れるようになったと、勘違いしてはいけない。

(撮影)2010.02.07 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ツグミ 

DSC_7342.jpg
去年の写真から。

この冬、この鳥は一体どこへ行ってしまったんだろう。。。
いまだに姿を見ず。

(撮影)2011.03.27 福岡市西区今津 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ユリカモメ 

DSC_4832.jpg
神社の境内のハトと人間の撒くエサに群がるところは同じでも、これは大陸から海を越えて渡ってくる渡り鳥。
れっきとした野生動物なんだが。。。
野鳥にスナック菓子を与えること、子供にそれを見せること。
ただ、かわいい、面白いで終わらせて良いものではない、という思慮深さが大人にはあっていい。

ユリカモメたちにも、もっと野生動物としての尊厳を持ってもらわねば!と思うのである★

(撮影)2012.02.05 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


シジュウカラ 

DSC_4901.jpg
鳥の少ないこの冬、現れるのがシジュウカラでもときめくものがある!
私の財布は始終カラ。。。なんて使い古されたギャグを言ってはいけない☆

(撮影)2012.02.05 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


キンクロハジロ 

DSC_4691.jpg
この鳥の大きな群れがいると、白と黒のコントラストで川面がにぎやかになる。
いつの間にか、季節はもう立春。

(撮影)2012.02.05 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


起きろ。。 

DSC_4700.jpg
厚い雲に覆われて、陽射しの全然ない日曜日。
ひたすら寝つづける、1ダースのクロツラヘラサギ。
じーっと待っていたが、ついに誰も顔を上げることはなかった。

(撮影)2012.02.05 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ホオアカ 

DSC_4508.jpg
この手の小鳥を撮るのは、ずいぶん久しぶりのような気が。
逆光に光る、キャベツ畑の緑が新鮮☆

(撮影)2012.01.29 福岡県福津市津屋崎 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ユリカモメ 

DSC_4519.jpg

DSC_4535.jpg

DTH_7250.jpg
ここ数日、冬らしい寒い日が続く。
豪雪被害の北国の方には申し訳ないが、雪を見ると写真だ、キャンプだ、とうれしくなる性分。
日曜日に降ればいいのにと思うが、なかなかそうも行かぬ。

日暮れ前の多々良川。
ユリカモメの群れがにぎやかに飛ぶ。

(撮影)2012.01.29 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(上・中)
                          Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6G(下)


キンクロハジロ 

DSC_4482.jpg
最近はこんな感じの、何の鳥が写っているのか分からないような写真が増えてきた。
冬鳥の少ない今シーズン、こんな時こそ自分なりの視点や撮り方が試される気がする。

(撮影)2012.01.27 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ