FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アマサギ 

DSC_0715.jpg

DSC_0723.jpg
5月が終わり、干潟は早くも空き家状態。
去年撮ったものをまたなぞるように、今年も同じものを写している。
何か目先を変えたいと思うが、なかなか。。

2010.05.09 福岡県福津市津屋崎 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ

スポンサーサイト

潮干狩り 

DSC_0410.jpg

DSC_9754.jpg

DTH_9724.jpg
貝堀りに夢中な人たちと、えさ採りに忙しい鳥たち。
毎年繰り返す、春の干潟の風景。
人は年を追う毎に増えているような。でも、鳥はその逆。
普段は神経質なダイサギが、人間たちのすぐ近くをゆっくり歩く姿が印象的。

2010.05.08 福岡市東区雁の巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(上)
2010.05.04 福岡市東区雁の巣 Nikon D300+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(中)
2010.05.04 福岡市東区雁の巣 Nikon D200+AF-S 500/4DⅡ(下)


ダイゼン 

DSC_9434.jpg

DSC_9464.jpg
夏羽が少し出てきた個体。
有明海などでは、白と黒のコントラストが鮮やかな夏羽が沢山見られるが、
博多湾では冬羽や若い個体がほとんどで、きれいな夏羽を見る機会は少ない。

2010.05.04 福岡市東区雁の巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


田植えの頃 

DTH_9873.jpg
この辺では先週末、一斉に田植えが行われた。
田んぼに写るマンションの灯りが印象的。
稲が伸びるまでの、いっときの間の風景。

2010.05.25 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


タカブシギ 

DSC_9274_20100525233046.jpg
そろそろ帰ろうかという頃、レンコン畑にタカブシギ。
あぁ、あんたそこにいたか、という感じ。

2010.05.03 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


タシギ 

DSC_9394.jpg
こうやって連休中に撮った鳥を載せながら、
そろそろ蛍の季節だなと、カレンダーを眺めている。
高原のコヨシキリやホオアカにも会いに行かねば。
季節はもう初夏の気配。

2010.05.03 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ムナグロ 

DSC_9352.jpg

DSC_9372.jpg
オオヨシキリとは逆に、ムナグロはずいぶん数が減っていた。
春の渡りはあわただしい。

2010.05.03 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


オオヨシキリ 

DSC_9286.jpg

DSC_9244.jpg
前回行った時と較べて、オオヨシキリの数がかなり増えていた。
数が多い上に、大きな声で鳴くので、とてもにぎやか。

2010.05.03 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


セイタカシギ 

DTH_9429.jpg

DSC_9084.jpg

DSC_9057.jpg
今日からしばらくは、連休中に撮ったネタでしのぎます。
今春二度目の有明干拓。
珍鳥はいないけど、鳥はそれなりに多くて楽しめた。

2010.05.03 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(上)
                      Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(中・下)


夕暮れ散歩② 

DTH_9816.jpg

DTH_9805.jpg

DTH_9809.jpg
普段出番の少ない望遠ズームで、その辺を適当に写してみる。
何か撮らねばという、あせりも気負いも無く、ボーッとした気分。
こういう時間があると、リラックスできて良い。

2010.05.08 福岡市東区和白 Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6G(上)
                   Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(中・下)


夕暮れ散歩 

「キショウブ」
DTH_9799.jpg

「ハマダイコン」
DTH_9784.jpg
連休が終わったから。。。という訳でもあるまいが、鳥の姿が急に少なくなった週末。
夕暮れ時の、干潟の後背地をお散歩。
ニセアカシアの木の近くには、これまた今年もキショウブの花が咲いている。

2010.05.08 福岡市東区和白 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


ニセアカシア 

DTH_9763.jpg

DTH_9759.jpg
今年もニセアカシアの花が、和白の後背地に咲いた。
この花が咲くと、季節はもう初夏の雰囲気。
ハシブトガラスの黒が、ちょうど良いアクセントになる。

2010.05.08 福岡市東区和白 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


香椎海岸 

「メダイチドリ」
DSC_8512_20100515224225.jpg

「ソリハシシギ」
DSC_8534.jpg
ここはカキがびっしりと張り付いている岩礁帯。
メダイチドリやチュウシャクシギのお気に入りの場所。
狭いながらもなんとか埋立を免れた岩礁帯のど真ん中を、今度は人工島にかかる橋が建設中。
ソリハシシギの後ろにある黒いものは、建設中の橋の土台のよう。
こんな調子で片っ端から海岸線に工事で手を加え、わずかに残った干潟や海岸に、潮干狩りや磯遊びにと、大勢の人が集まる。
今あるものを残すことに、もっと税金を使えないものか。。。

2010.05.02 福岡市東区香椎海岸 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ

続きはこちら>>

キアシシギ 

DSC_8387.jpg

DSC_8456.jpg
干潟の西側にある小さな山の新緑を映して、水面が深い緑色に。
水の色を見ていると、山の中の湖のようだ。

2010.05.02 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


カラシラサギ 

DSC_8275.jpg

DSC_8196.jpg
珍客その2
キツイ目付きと、セカセカした動きは相変わらず。
大きさはコサギとさほど変わらないようなイメージがあったが、こうして並んでいるのを見ると、コサギのほうが大きいのが分かる。

2010.05.02 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ハシブトアジサシ 

DSC_8876.jpg

DTH_9441.jpg
ゴールデンウィークに合わせるようにして、珍客到来。
和白から雁ノ巣にかけての博多湾東部をぐるぐる巡回しながら、一週間くらい滞在してくれた。
鳥仲間のH氏によれば、これまで人工島の埋立地には何度も来ていたそうだが、こうやって見えるところに出て来てくれるのは久しぶり。
ズグロカモメと同様に干潟のカニを食べるが、採り方はまるで違う。
ズグロカモメがひらひらと飛びながら、カニを見つけるとストンと落ちるように舞い降りて捕まえるのに対し、
ハシブトアジサシは、地面をかすめるようにスレスレに急降下し、舞い上がったかと思うと、クチバシにはカニをくわえている。

2010.05.02 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(上)
2010.05.04 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(下)


クロツラヘラサギ 

DSC_8028.jpg

DSC_8066.jpg
たいぶ暗くなってきた頃、忍者のように音も無くクロツラヘラサギが現れた。
マイナスの補正をかけてISO400のまま、がんばって撮ってみた。

2010.05.01 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


キアシシギ 

DSC_7258.jpg

DSC_7245.jpg
キアシシギも、エサ採りに忙しいときは、人間などお構いなしに近づいてくる。
地味なシギだが、笛を吹くようないい声で鳴く。

2010.05.01 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ハマシギ 

DSC_7717.jpg

DSC_7949.jpg
潮干狩りの人が飛ばしたハマシギの群れが、干潟の上をぐるぐる飛び回る。
真っ直ぐにこっちに向かって飛んできたかと思うと、15mくらい先にわっと降りる。
日が落ちて次第に暗くなっていく中、下手な鉄砲もナントカで、ひたすらシャッターを押す。
この日の撮影枚数は、いつの間にか1,000カットを超えていた。

2010.05.01 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


サルハマシギ 

DSC_7212.jpg

DSC_7386.jpg

DSC_7598.jpg
この連休中に出会ったシギ・チドリで、一番印象深かったのがコレ。
赤とも茶とも言えぬ夏羽の色に、視線釘付け☆

5月1日の土曜日、勤務先から大急ぎで帰り干潟に急行。
約200羽の夏羽のハマシギと10羽+のキアシシギ、そして2羽のサルハマシギが、愛想良く相手してくれた。
これに味をしめて、連休中は毎日夕方干潟に通うことになった。

2010.05.01 福岡市東区雁ノ巣 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


今年も有明海へ⑦ 

DSC_5347.jpg

DSC_5358.jpg

DSC_5366.jpg
広い広い佐賀平野の農地。
水田、麦畑、たまねぎ畑、レンコン畑が延々と広がる。
ここへ鳥見に来たときは、農家の方へのささやかな感謝の気持ちで、レンコンや野菜などを買って帰ることにしている。

2010.04.29 佐賀県佐賀県大授搦 Nikon D40+AF-S VR18-200/3.5-5.6G(上)
        佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G(中・下)

続きはこちら>>

今年も有明海へ⑥ 

DSC_6890.jpg

DSC_6874.jpg

DSC_6854.jpg
渡来してすぐのオオヨシキリは、縄張りの確保に忙しい。
さかんに「ギョシギョシ」と鳴いては、他の個体と追いかけっこをしている。
夕陽を浴びたアシの新緑が美しい。

2010.04.29 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ(上・中)
                      Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ+TC-17EⅡ(下)


今年も有明海へ⑤ 

「ヒバリシギ」
DSC_6964.jpg
「タシギ」
DSC_7041.jpg
夕暮れ時のレンコン畑で、レンコンの茎の間に見え隠れするシギはいろいろ。
足の黄色が見えなければ、うっかりトウネンと間違えそうなヒバリシギ。
タシギは体を低くして、こっちをじっと見て、飛び立つ機会を伺っているような感じ。

2010.04.29 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


今年も有明海へ④ 

DTH_9399.jpg

DSC_6700.jpg
タカブシギの次に多かったのが、ムナグロ。
稲のみどりのラインに見とれる。

2010.04.29 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


今年も有明海へ③ 

DSC_6765.jpg

DSC_6996.jpg

DSC_7031.jpg
今年の有明干拓はタカブシギが多かった。
淡水の後背地が少ない博多湾ではなかなか見る機会が無い。
昼間は数が少ないが、レンコン畑や玉ねぎ畑の農作業が終わる夕方になると、どこからともなく沢山のタカブシギが現れる。

2010.04.29 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。