FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハチジョウツグミもどき 

DSC_9339.jpg
眉斑などは白っぽいので、ツグミとハチジョウツグミの中間くらいの個体。
こんな空抜けになったときは、なかなかまともに色が出ない。

(撮影)2010.02.14 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ

スポンサーサイト

撮る人 

DSC_9369_20100227201924.jpg
人馴れしている?訳でもあるまいが、ここのクロツラヘラサギは、エサ採りに忙しいときはこんな感じ。
おいおい!と言いたくなるくらい近くまでやってくる。
このときは写真を撮っている人から、10メートルくらいか。。。
岸近くまで来るときは犬やネコに気をつけるように、今度彼らに言っておこう。

(撮影)2010.02.14 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


海も暮れきる 

DSC_8585.jpg

DSC_8616.jpg

DSC_8633.jpg

DSC_8679.jpg
春めいてきて、夕方になるとクロツラヘラサギたちが、和白によく現れるようになってきた。
日が沈み、辺りが暗くなるまで、鳥を眺めて過ごす。
次第に暗くなる干潟の海には、自分のほかは誰もいない。
車や電車など、街の夕方の喧騒が周りに満ちているはずなのだが、鳥と自分の間にある水面はしんと静まり返ったよう。
場違いとは思いつつも、尾崎放哉を書いた吉村昭の小説のタイトルなんぞが浮かぶ。

(撮影)2010.02.07 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


またまた出水へ⑨ 

DSC_9294.jpg

DSC_9307.jpg
アオバズクなんかがよくやるエンゼルポーズ。
ツルのような大きな鳥がすると、なんか違和感が(^^;)。
上の写真、瞬膜を閉じている。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


続きはこちら>>

またまた出水へ⑧ 

DTH_8626.jpg
つる見食堂前の電線にとまるミヤマガラス。
いくらでも撮れるから、、なんて思って適当に撮っていると、使えるようなマトモなものは少なかった(汗)
カラスにはモノクロームが似合う。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


またまた出水へ⑦ 

DSC_9278.jpg
まだまだ寒い日もあるけど、こんな緑の中のツグミを見ると、もう春という感じ。
北へ帰る日も近い。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


またまた出水へ⑥ 

DSC_9177.jpg
冬枯れのたんぼにうずくまったヒバリの色は、カモフラージュ。
じっとしていると、保護色の昆虫ように見つけにくい。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


またまた出水へ⑤ 

「オオジュリン」
DSC_9053.jpg
「シベリアジュリン」
DSC_9139.jpg
ツルの飛び立ちが一段落ついてボーッとしていると、周りでは小鳥の声があちこちから聞こえる。
オオジュリンと思って適当に写したものの中に、シベリアジュリンが混じっていた。
例によって現場では気付かず、PCのモニターで拡大して気付く体たらく。
もっときちんと写しておくんだった・・・

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


またまた出水へ④ 

DSC_9149.jpg

DSC_9144.jpg
ツル観察センターの前で、撒かれた麦を食べるナベヅルたち。
麦の一粒一粒を、根気よく突付いて食べている。
しかしこれだけ近いと、なんとも鮮明に写るもんだ。。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ



またまた出水へ③ 

DSC_8819.jpg

DSC_8881.jpg

DSC_8954.jpg
日の出の時間。
みるみるうちに空の色が、太陽のオレンジ色に変わっていく。
D300で撮るとこんな感じで、D2HやD200より明るいトーンの絵になる。
この辺はどちらが良い悪いというより、好みの問題か。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


またまた出水へ② 

DTH_8412.jpg

DTH_8431.jpg
夜明け前。
赤みがさし始めた東の空に向かって、次々にツルたちが頭上を飛んでいく。
本当はただぼんやり眺めていたいのだが、やはり撮らずにはいられない。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D200+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


またまた出水へ① 

DTH_8609.jpg

DSC_3376.jpg

DTH_8621.jpg
二月の出水は、菜の花の黄色と堆肥のにおい。
先月末から始まった北帰行でだいぶ数は減っているが、それでもざっと数千羽のツルが広い農耕地のあちこちに。
今シーズン二度目の出水は、冬から春へ季節が巡るところ。

(撮影)2010.02.13 鹿児島県出水 Nikon D200+AF-S VR18-200/3.5-5.6G(上・下)
                      Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(中)


立春 

DSC_4720.jpg

DSC_4698.jpg
傘をさして、近所の田んぼや里山のお散歩。
立春を過ぎ、梅の花が咲き始めた。
カエルの卵を見るのは、ずいぶん久しぶり。
黒い卵はもう細長く形を変えて、成長を始めている。

(撮影)2010.02.11 福岡県新宮町 Nikon D40+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


今日も雨 

R0021378.jpg

R0021391.jpg
今日は朝から一日中雨。
なんだか休みの日に限って雨が多いような。
雨の日には雨の日なりの撮り方があると思うのだが、凡庸な人間は朝起きて雨だと、あー今日はだめだ!とつい思ってしまう。

(撮影)2010.02.09(上),2010.02.11(下) 福岡県新宮町 Ricoh GR DIGITALⅡ


エサやりは程々に・・・ 

「ユリカモメ」
DSC_8399.jpg
赤いくちばしのきれいな白いカモメが、軽やかに空中でエサをキャッチする。
子供には面白いだろう。でも、程々にね、といつも思う。
まだ博多湾にズグロカモメが多かった頃、ユリカモメとの一番簡単な識別法は、パンを投げてみること、なんて面白半分に言っていたのを思い出す。
パンに殺到するのはユリカモメ。知らん顔しているのはズグロカモメ。
今年、ズグロカモメは和白からも多々良川からも姿を消した。

(撮影)2010.02.07 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ミサゴ 

DSC_8333.jpg
アシの陰からそっと近づく。
そーっと近づいたはずが、やつはもうこっちをじっと見ている。
レンズ越しにミサゴと目が合う。
やはりあんたの方が目が良いなあ。。。

(撮影)2010.02.07 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


カモしかいない・・・ 

「カルガモ」
DSC_8351.jpg
「ヒドリガモ」
DSC_8283.jpg
「ヨシガモ」
DSC_8359.jpg
・・・と言うとカモたちに悪いが、日曜日の朝、和白も多々良川もカモがパラパラといるだけで、これといって目を引く鳥の姿はなし。
鳥仲間のH氏と会い、この10年くらいのシギ・チドリの激減ぶりを嘆くことしきり。。。

(撮影)2010.02.07 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


クロガモ 

DSC_8200.jpg
テレコンを付け、思いっきりトリミングしてやっとこの位の大きさ。
外海の茫洋とした広がりと圧倒的な量感の中では、鳥も人間もとるに足らぬ小さな存在に思える。
クロガモ♂の黄色い鼻先が、波間に見え隠れするブイのよう。

(撮影)2010.02.06 福岡市東区海ノ中道 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ+TC-17EⅡ


ミヤコドリ 

DSC_7932.jpg

DSC_7965.jpg
いつの間にかもう2月。
なんとなく過ごす日々の、なんと早いことか。
あと一ヶ月もすれば、春の渡りが始まる。
いろんなものを撮りたいと思うが、週末毎のワンチャンスで撮れるモノは、あまりに限られている。

(撮影)2010.01.24 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


和白にて 

DSC_7912.jpg

DSC_7870.jpg
和白では背景に適度に空間があり、干潟の中を歩き回り、いろんな構図で撮ることができる。
でも、肝心のクロツラヘラサギには、ここではなかなか会えないんだなあ。。。

(撮影)2010.01.24 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


多々良川にて 

DSC_7623.jpg

DSC_7664.jpg
この日の多々良川では、クロツラヘラサギ17羽、ヘラサギ5羽が観察できた。
今シーズンでは一番数が多く見られた日。
和白と違い、ここでの背景は川の両岸に広がる町並み。
散歩の人や犬が近くを通っても、さして警戒する様子もない。

(撮影)2010.01.23 福岡市東区多々良川 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。