FC2ブログ










今年も紅葉の山へ③ 

DSC_0202.jpg

DSC_0212.jpg

DSC_0218.jpg
高度を上げるにつれ、霧が雨に変わっていく。
ホワイトアウトで景色はさっぱり見えないが、足元の葉は雨に濡れて鮮やかさを増す。

(撮影)2009.10.25 大分県九重・大船山 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


今年も紅葉の山へ② 

DSC_0043.jpg

DSC_0194.jpg

DSC_0049.jpg
今年は紅葉の進み具合が早いせいか、色の濃い葉が多いように思った。
落葉樹の森は四季それぞれに良いが、個人的にはこの季節が一番好ましい。

(撮影)2009.10.24 大分県九重 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


今年も紅葉の山へ① 

DSC_0033.jpg

DSC_0067.jpg

DSC_0073.jpg
今年も紅葉の山登りは九重へ。
台風の被害もなく、朝晩いい感じで冷え込んで、今年は例年になく色づいているとか。
登山口の長者原から、すがもり峠を越えて法華院温泉へ。
もう何度歩いたかわからぬ道を、今年も行く。

(撮影)2009.10.24 大分県九重 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


クロツラヘラサギ 

DSC_9950.jpg

DSC_9917.jpg
暗くなってきてそろそろ帰ろうかと思った頃、ひょっこりこの鳥が現れた。
ISO感度を3200まで上げ、マイナスの露出補正をかけても、シャッタースピードはやっとこさ1/100。
うーん、この鳥はなかなか楽に撮らせてくれない。
D3Sの超高感度が妙に気になる今日この頃☆

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


オナガガモ 

DSC_9808.jpg

DSC_9816.jpg
今日の新聞記事、沖縄の泡瀬干潟は、計画見直しして埋立推進だと。
現状の計画に対しては公金支出差止めになったが、見直し後の計画には判決は触れていないので、計画を見直して推進するだと。
屁理屈もここまでくれば犯罪だ。。。
泡瀬のムナグロの大群が、沖縄県知事や沖縄市長や議会の馬鹿さ加減に呆れているだろう。
見直し後の計画とやらに対しても、訴訟をしなければならないかも。
泡瀬のみなさん、ほんとうにご苦労様です。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ダイサギ 

DSC_9788.jpg
見慣れた干潟の、見慣れた鳥だが、
平凡な鳥でも、この時間帯だとそれなりに絵になるのである☆

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ミヤコドリ 

DSC_9850.jpg

DSC_9826.jpg
日暮れ時の写真はシルエットのようなものばかりになってしまうが、昼間はいない鳥がひょっこり現れたりするので、こんな薄暗い時間帯によく出かける。
ミヤコドリは、赤いくちばしが鮮やかな昼間の写真も良いが、例によって暗いトーンが趣味に合うので、ついこんな感じで写してしまう。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ケリ 

DSC_9758.jpg

DSC_9772.jpg
ことしは近所の田んぼに、未だにノビタキがやって来ない。
稲刈りの終わった田んぼに、ケリが寝そべる。
ここの田んぼは乾いているからだろうか、二番穂が全然生えていない。

(撮影)2009.10.18 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


波高し② 

DSC_9453.jpg

DSC_9624.jpg
サギたちも波しぶきを浴びながら、我慢くらべのように干潟に留まり続ける。
こちらの三脚にも、バシャバシャと海水がかかる。
サギが飛ぶのと、こちらが退散するのと、とっちが先か、これも我慢くらべのよう。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


波高し 

DSC_9581.jpg

DSC_9734.jpg
いつもは静かな内湾の海が、この日は強風で白波が立つほど。
波の間に見え隠れするヒドリガモと、レンズ越しに眼が合う。
あぁ、今年もまたあんた、来てくれたかという感じ。
やはり冬の干潟には、カモがたくさんいないとね。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ



今年は9羽 

DSC_9315_20091020220256.jpg
今年はミヤコドリがちょっぴり賑やかで、9羽来ている。
背景は和白の西側にある小さな山。この山があるおかげで、水面が山影を写して黒いスクリーンのようになるし、このように干潟らしかぬ背景で写せるので、大いに気に入っている。
山が背景にくると、すばやくマイナスの露出補正をかけ、山から外れると補正を元に戻さねばならない。デジタルは後である程度ごまかせるが、フィルムの頃は補正を元に戻すのを忘れてよく失敗した。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


満潮 

DSC_9371.jpg

DSC_9561.jpg
どんどん満ちてくる潮に追われて、ホウロクシギとオオソリハシシギが干潟の端に移動してくる。
眼を細めて「こりゃイカン」という感じで、浅い方に移動するホウロクシギがなんとなくユーモラス。
普段は満潮時には人工島の中に飛び去ってしまうのだが、この日は後背地の草地でバシャバシャと寄せる波を避けていた。
ここでは珍しい光景。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


オオソリハシシギ 

DSC_9256.jpg
大潮の満潮で、ほとんど冠水した干潟の縁を、オオソリハシシギ2羽とホウロクシギ1羽が歩いていた。
オオソリハシシギは、ちょっとくたびれた感じの幼鳥。
曇り空に強風が吹きつけて、かなり寒い。

(撮影)2009.10.18 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


シロチドリ 

DSC_9190.jpg

DSC_9188.jpg
今日、沖縄の泡瀬干潟埋立の事業費差し止め訴訟の2審勝訴のニュース。
おめでとうございます。日本の裁判所もやっとこんな当たり前の判断が出来るようになったのかと感慨深い。
11年前の博多湾人工島の公金支出差止め訴訟も、今の世であれば違う結果が出たであろうに、和白や博多湾の海は、取り返しのつかないことにならずに済んだであろうにと思う。
鳥のいない閑散とした和白を見るにつけ、汚水を溜め込んだ諫早の調整池を見るにつけ、頭に浮かぶのは、さだまさしの歌のこのフレーズ。
「やはり僕たちの国は残念だけれど何か、大切な処で道を間違えたようですね」

(撮影)2009.10.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ダイサギ 

DSC_9040.jpg
お手軽に写せるからか、なんだか最近ダイサギの写真が多いような。。。

(撮影)2009.10.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


クロツラヘラサギ 

DSC_9158.jpg
ずいぶん久しぶりに、和白でお目にかかった。
南下する群れがやってくるのはもう少し先なので、人工島内で越夏したグループの一羽だろう。
一羽いるだけで、辺りの光景が貴重なものに思えてくる存在感。

(撮影)2009.10.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ミヤコドリその2 

DSC_9060.jpg

DSC_9065.jpg
ただ写しただけで、公開するような写真ではないですが。
2~3羽の渡来が続いていたが、なぜか今シーズンは9羽が来ている。
毎年シギ・チドリの減少傾向には歯止めがかからず、この鳥が数羽増えたからといって喜んでいられる状況ではないが。。。
分散して、なかなか9羽がひとつの画面に収まらない。

(撮影)2009.10.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ミヤコドリ 

DSC_8928.jpg

DSC_8947.jpg
ミヤコドリは現在博多湾一帯に、5羽くらいいるようだ。
この日見た2羽は、いずれも若い個体。
昨年越冬した内の1羽と同じように、首に白い班がある。
上の写真では、右の個体ははっきりしているが、左は消えかかって痕跡が残る程度。
左の個体の方が、年齢が上なのだろうかと想像する。

(撮影)2009.10.04 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


カモ来たる 

DSC_8765.jpg

DSC_8872.jpg
先週から少しずつカモの群れが渡ってきている。
この日はまだ70羽くらいしかいなかったが、冬の干潟の主役だ。

(撮影)2009.10.04 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ダイサギ 

DSC_8744.jpg
朝はたいしたものは撮れなかったので、夕方また干潟へ出勤。
ダイサギはいつもそれなりの構図で、お手軽に写せるありがたい鳥。

(撮影)2009.10.04 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ハクセキレイ 

DSC_8690.jpg
顔の黄色い若いハクセキレイが、干潟の手前の砂地を走る、走る。
ミヤコドリやエクリプスのカモたちが到着し、越冬組の顔ぶれが揃い始めたが、まだまだ日中は暑い日が続く。

(撮影)2009.10.04 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


名月 

R0020438.jpg
来週の長距離ウォークの某大会に備えて、今夜はウォーキングの練習。
自宅から志賀島まで、往復の約40キロをせっせと歩いた。
頭上は、黒いガラス板のような夜空。懐中電灯が要らないくらいの月明かり。
途中、三脚を立てて月明かりの夜景を撮影しておられる二人組みをお見かけした。
作品作りには労をいとわず、夜も出かけてこそ、意図したものが得られるということか。。。
手持ちの小さなカメラで、お二人の撮影をまねてみる。

(撮影)2009.10.03 福岡市東区志賀島 Ricoh GR DIGITALⅡ


ホウロクシギ 

DSC_8652.jpg

DSC_8591_20091002220300.jpg
広い干潟にシギはこの一羽のみ(><)。とにかくお寒い秋の渡り。
恥ずかしながら、写している最中はこの個体をてっきりチュウシャクシギと思い込んでいた。
パソコンの画面で見て、ムムム!という感じ。。。
クチバシの短い幼鳥は要注意です!

(撮影)2009.09.27 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ