FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

干潟に降る雪_その2 

[ハマシギ]
DSC_0958.jpg

DSC_0935.jpg
雪の中のこの鳥の群飛はすばらしい。
トビの急降下に驚いた群れが、一斉に飛び立つ。

(撮影)2009.01.25 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ

スポンサーサイト

干潟に降る雪 

[シロチドリ]
DSC_0916.jpg
[ミユビシギ]
DSC_0964.jpg
雪がまだ残る日曜日の朝、和白へ。
カモだけでなく、シギ・チドリの群れがいたのはラッキーだった。

(撮影)2009.01.25 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


海に降る雪_その3 

DSC_0560.jpg

DSC_0553.jpg
この日の雪は夕方5時頃がピークだった。
志賀島手前の砂浜に車をとめ、どしゃ降りの雪を楽しむ☆
これだけ降れば、雪だるまを作らない手はないぜ!

(撮影)2009.01.24 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


海に降る雪_その2 

DSC_0499.jpg

DSC_0493.jpg

DSC_0505.jpg
雪と風がびゅんびゅん吹き付ける。
ジンジンするほど寒いが、なぜか訳もなくうれしい気分。
見慣れた海がガラリと表情を変える。こんな風景を目にする機会はあまり無い。
冬のボーナスだ!

(撮影)2009.01.24 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


海に降る雪 

DSC_0439.jpg

DSC_0474.jpg
昼過ぎから降り始めた雪が、夕方にはじゃんじゃん降り出した。
16時頃、矢も盾もたまらず家を飛び出し、志賀島へ。
海と空の境はホワイトアウト。ウミウのいる岩場に雪降りしきる。

(撮影)2009.01.24 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S VR18-200/3.5-5.6G

続きはこちら>>

野菊二題 

DSC_9242.jpg

DSC_9224.jpg

DSC_9246.jpg
志賀島で見かけた白と黄の野菊。
たぶんありふれた種なのだろうが、それでさえさっぱり名前が分からぬ。
こんなときは、植物の勉強をしておくのだったと反省しきり(><)。

明日は父親の命日だ。あっというまに一年が経ってしまった。
一年前も、こんな寒い日だった。雪よ海に降れ。

(撮影)2008.12.31 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ハシボソガラス 

DSC_7975_26439.jpg

DSC_7993_26453.jpg
オキシジミを食べようとするカラスあり。
高いところから落として貝殻を割ろうとするのだが、なにせ下は柔らかい砂の干潟。
でも諦めずに何度も何度も繰り返す。
カラスは頭が良いと言われるが、あんたはイマイチだなぁ、という感じ。

(撮影)2008.12.20 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ネコ 

DSC_2756.jpg
和白のいつものネコたち。
このふとんやゴザは干してあるのかと思ったら、いつ行っても同じようにあるので、どうやらネコのために置いてあるようだ。

(撮影)2009.01.02 福岡市東区和白 Nikon D40+AF-S VR18-200/3.5-5.6G


a snowfall 

DSC_0148.jpg

DSC_0137.jpg
灰色の雪雲が頭上に流れて来ると、にわかに雪が降り始める。
枯れ草に降る雪。
いいではないか!と、自己満足写真を量産する。
次は海に降る雪を撮ってみたい。
もっともっと寒くなれ。

(撮影)2009.01.12 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ハジロカイツブリ 

DSC_0169.jpg

DSC_0172.jpg
以前、この鳥やカンムリカイツブリを間近に見たことのある海岸にいってみる。
雪がぱらつくいい雰囲気だったが、残念、いかにも遠かった。

(撮影)2009.01.12 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ダイゼン 

DSC_8612_27090.jpg
年末に撮っておいた写真から。
写真を20~30枚セレクトする必要があって、去年写したものをいろいろ見ていたら、ここ一年くらい午前中撮ったものばかりだど気づいた。
当然青や黒の寒色系のものがほとんど。
やはり同じ場所でも時間帯を変えて、変化をつけねばならぬ。
ということで、来週以降夕方のマジックアワーに写す機会を作って行こうと思う。

(撮影)2008.12.23 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ツクシガモ 

DSC_9288_20090117131703.jpg
出水から戻ると、ネタはいつもの干潟の鳥。
冬場は鳥の顔ぶれがほとんど変わらず、マンネリになりがちだ。
それにしても、この日は寒かった。
神経質な干潟のカモたちが、羽に顔を突っ込んでじっとしている。

(撮影)2009.01.12 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ_その10 

[ツルのいる風景]
DSC_1867.jpg

DSC_1857.jpg
西干拓と東干拓のツルの大群を離れ、出水平野のあちらこちらに散在するツルを眺める。
遠い昔の日本では、このように人間の生活圏とツルやトキのそれが重なっており、お互いに適度な距離を保てるだけの空間があったのだろうと想像を巡らせる。
また来年☆

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


出水へ_その9 

[アトリ]
DSC_9726.jpg

DSC_9761.jpg
[チョウゲンボウ]
DSC_9716.jpg
出水からの帰り、遠くの高圧線の鉄塔に小鳥の群れが見えた。
電線にびっしりと並ぶ様子は、遠くからでもこの鳥と分かる。
3号線を外れ、田んぼの中を通る道に車を入れる。
これだけ沢山いるのなら・・・と思ったとたん、チョウゲンボウが群れの上をよぎる。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ_その8 

[ミヤマガラス]
DSC_1783.jpg

DSC_1787.jpg
ひょっとしたら、出水でツルの次に多い鳥はこれかも知れない。
抜けるようなピーカンの青空。カラスがいっそう黒く見える。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


出水へ_その7 

[カンムリカイツブリ]
DSC_9288.jpg
出水の西干拓と東干拓を分かつ、高尾野川の河口。
陸地はツルでにぎやかだが、河口は青くひっそりと静まり返っている。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ_その6 

[ジョウビタキ♀]
DSC_9511.jpg
[タゲリ]
DSC_9644.jpg
出水に来て、ツル以外の鳥を見るのも楽しみの一つ。
ツルの数の多さに圧倒されるが、あれだけ広い田園地帯。
鳥の種類や数もかなりものもの。
今回は遠すぎて写真にならなかったが、東干拓でサカツラガン1、ヒシクイ2、クロツラヘラサギ3、ズグロカモメ、チョウゲンボウなどなど。
日帰りで帰るのがもったいない。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ



出水へ_その5 

DSC_9598_20090110233148.jpg

DSC_9714_20090110233156.jpg
夜明けとともに飛び立ったツルが、何度も何度も頭上を通る。
やはり鳥は飛んでいるときが美しい。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G


出水へ_その4 

[マナヅル]
DSC_1744.jpg
[ナベヅル]
DSC_9544.jpg
[ナベクロヅル]
DSC_9627.jpg
今年はナベヅル10,383羽、マナヅル1,632羽、カナダヅル6羽、クロヅル5羽、ソデグロヅル1羽、ナベクロヅル1羽と、ツル観察センターの前に表示されていた。
ついにナベヅルだけで10,000羽を越えたか。。。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(上)
(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ(中・下)


出水へ_その3 

[ソデグロヅル]
DSC_9598.jpg
[クロヅル]
DSC_9609.jpg
[カナダヅル]
DSC_9714.jpg
アネハヅルはいなかったが、今年はいろんなツルが揃っていた。
ソデグロヅルを見たのは何年ぶりだろう。
一番最初に見たのは25年くらい前のまだ学生の頃だった。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ_その2 

DSC_9309.jpg

DSC_9408.jpg
夜明けとともに、おびただしい数のツルが飛び立つ。
「おぉ!出水に来たぞ!」と思う瞬間。
次から次へ、編隊を組んでツルが飛んでくるではないか。
前にも同じようなものを撮ったが。。。と思うが、やはり撮らずにはいられない。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ 

DSC_9559.jpg
[マナヅル、ナベヅルでごった返す西干拓]

DSC_1826.jpg
[東干拓の群れ]
正月休みに恒例の出水へ。
でも、鹿児島までの日帰りはやはり難儀であった。特にUターンラッシュと重なって、帰りは高速道路が熊本から福岡まで、ず~っと渋滞でつながっていたので下道を運転した。
が、下道も車が多くて、赤信号ごときでいちいち小さな渋滞を繰り返す。
結局15時半に出水を出て、帰り着いたのは23時(><)。
それでも冬に一度は行かないと、なにやら落ち着かないのが”出水”です。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ(上)
(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D2H+AF-S VR70-300/4.5-5.6G(下)


ウミウ 

DSC_8969_20090104121003.jpg
志賀島からの帰り、島の西側で海面のぎらぎらを写して遊ぶ。
逆光でカメラのAFが迷う。

(撮影)2008.12.28 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4D


漁港にはカモメが似合う! 

DSC_8969.jpg
コクガンがいるのは、志賀島の漁港。
セグロカモメが漁船のともにとまり、ウミネコとユリカモメが傍らを飛ぶ。
なんともフォトジェニックではないか!

(撮影)2008.12.30 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4D


コクガン 

DSC_8919.jpg
新年おめでとうございます。
減り続ける鳥と、衰え続ける体力に抗って、なんとか今年は昨年以上のものを撮りたいと思います。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
今年最初の一枚は、年末から志賀島に滞在しているコクガンです。
北日本ではおなじみの鳥だと思うのですが、九州では珍客です。

(撮影)2008.12.30 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S 500/4D


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。