FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小春日和 

DSC_2555.jpg
数日前の雪の日から一転して、今日は暖かい日曜日。
志賀島の内海には、カンムリカイツブリの群れ。

また明日から暫く、家を留守にすることになった。
撮影も更新もビミョウである(>!<)

(撮影)2013.01.20 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S VR70-300/4.5-5.6G

スポンサーサイト

日暮れ前 

DSC_6905.jpg
遠くの海に浮かぶ、カンムリカイツブリの群れ。
夏羽に衣替えしてこんな風に群れを作り始めると、彼らが北へ帰る時期がもうすぐなのだと知らされる。
日暮れ前の海風、冷たし。

(撮影)2012.03.15 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF 500/4DⅡ(トリミング)


ご近所の鳥⑤ 

DSC_1667.jpg

DSC_1675.jpg

DSC_1641.jpg
カイツブリというのは、近くで見るとけっこうキツイ目付きをしている。
ボラらしき魚を、何度も捕っていた。

(撮影)2010.12.30 福岡市東区和白 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ハジロカイツブリ 

DSC_7806.jpg

DSC_7838.jpg
写そうとしたその瞬間にサッともぐり、じっと待っていると思いがけないところに、ひょいと浮かんだりする。
この鳥を写すときは、もぐらたたきを思い出す。

(撮影)2010.01.24 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


カンムリカイツブリ夕景 

DSC_3745.jpg
たまには、もうちっと近くで撮れないものかと思いつつ。
それにしても、博多湾東部ではこの鳥はずいぶん減った。
人工島の着工前、90年代の始め頃、1,000羽近い群れが浮かんでいた場所に、ぽつんと一羽。
あの頃にデジタル一眼があったらなあーーー
撮っても撮っても撮り尽くせないくらい鳥がいたのに、、、と詮無いことを思う。

(撮影)2009.12.06 福岡市東区奈多 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


有明干拓にて⑧ 

DSC_0048.jpg

DSC_0078.jpg
有明干拓の中ほどにある、四角い大きなため池。
日が傾いてきてそろそろ帰ろうかという頃、こてこての夏羽に厚化粧したカンムリカイツブリが、近づいてきた。
こんなに色の濃い夏羽を見るのは、初めてのように思う。

2009.05.06 佐賀県杵島郡白石町 Nikon D300+AF-S 500/4DⅡ


ハジロカイツブリ 

DSC_0169.jpg

DSC_0172.jpg
以前、この鳥やカンムリカイツブリを間近に見たことのある海岸にいってみる。
雪がぱらつくいい雰囲気だったが、残念、いかにも遠かった。

(撮影)2009.01.12 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


出水へ_その7 

[カンムリカイツブリ]
DSC_9288.jpg
出水の西干拓と東干拓を分かつ、高尾野川の河口。
陸地はツルでにぎやかだが、河口は青くひっそりと静まり返っている。

(撮影)2009.01.03 鹿児島県出水市 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。