FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャコウアゲハ 

DSC_0542.jpg

DSC_0557.jpg

DSC_0563_2018072922490822f.jpg

DSC_0630.jpg
自宅に植えたウマノスズクサが、葉を繁らせるようになって、はや数年。
ふわふわと飛ぶ姿を待ち望んでいたが、今年ついにやって来た。
どこからともなく飛んできた♀2頭が、次々に卵を産み付けて行く。
熱気と陽射しがまとわりつく今年の夏の、心弾む出来事。

(撮影)2018.07.21 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S VR70-300

スポンサーサイト

秋の蝶 

「ウラギンシジミ」
PA017387.jpg
台風と野球と選挙の日曜日。
それにしても日本人というのは、つくづく現状維持バイアスの強い人種なのだと思う。
平気でウソをつく権力者に対し、憤るひとより、聞き流すひとのほうが多いということか。


夏は来ぬ 

DTH_6211.jpg

DTH_6214.jpg
家の玄関先で始まった、アブラゼミの羽化。
あと数日したら、朝の陽射しと共にセミの声が辺りから湧き上がるように聞こえてくるのだろう。
生き物たちの季節は休むことなく進んで行く。

(撮影)2015.07.04 福岡県新宮町 Nikon D200+VR16-85/3.5-5.6


高原へ④ 

DSC_2502.jpg
草むらの中のバッタと眼が合う。
何か撮らねば、などどいう妙な気負いや焦りがなく、ゆったりとした気持ちで居られたら
不思議なもので、被写体の方から目の前に現れて来るような気がする。

(撮影)2013.08.14 大分県九重タデ原 Nikon D300+AF-S500/4D


猛暑 

R0024462.jpg
やっと土砂降りの梅雨が終わったかと思ったら、
今度は暴力的な暑さ。
暑さで人が死ぬなんて、そんなこと昔は無かったような気がするが。。

(撮影)2012.07.21 福岡県新宮町 Ricoh GR DIGITAL2


高原へ④ 

DSC_4307.jpg

DSC_4314.jpg
平地ではツマグロヒョウモンばかりだけど、今の時期はヒョモンチョウの仲間がいろいろ。
この辺で一番数が多いのが、このウラギンヒョウモン。

(撮影)2012.06.29 熊本県阿蘇・大観峰付近 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


ゲンジボタル 

DTH_7614.jpg
もたもたしているうちに、今年のゲンジボタルのシーズンは終了間近。
大したものは撮れなかった~

(撮影)2012.06.16 福岡県古賀市 Nikon D200+AF Micro60/2.8D


ホタルの季節 

DTH_7595.jpg
ことしもいつの間にか、ホタルの飛ぶ季節。
会社から帰って、それからホタル撮りの夜勤に出かけるのはかなりしんどい。
とりあえず、今年のあいさつ代わりの一枚。

(撮影)2012.06.01 福岡県古賀市 Nikon D200+AF Micro60/2.8D


日曜日 

DSC_2185.jpg
写せそうな鳥を探して、あっちうろうろ、こっちうろうろ、日曜日の時間が無為に過ぎていく。
キャベツ畑の縁に座り込んで、モンシロチョウを眺めて過ごす。
前日までは、日曜日は早起きして、あれをして、これをして、と考えていたが、ハッと目が覚めると9時半。
なかなかうまくいかんものである(><)

(撮影)2012.05.20 福岡県福津市津屋崎 Nikon D300+AF-S500/4DⅡ


さらば。。どくとるマンボウ 

DSC_8350.jpg
作家のどくとるマンボウこと北杜夫氏が、24日亡くなった。
自分にとっては、若い頃から読み続けている唯一の作家。

小説というものを最初に読んだのが、「どくとるマンボウ航海記」(これはエッセイというべきか)。
「どくとるマンボウ昆虫記」の影響で本格的に蝶の採集を始め、九州では見られない蝶が数多くいる信州へは、北杜夫氏が旧制松本高校時代を過ごした土地であると云うことも手伝って、10代から20代にかけて結局18回通った。

一番何度も繰り返し読んだのは「幽霊」。
ストーリーらしいストーリーの無い、忘れていた記憶をたどるような不思議な小説。
手許にある「幽霊」の文庫本は、昭和48年製、値段は160円。時代を感じる。

いろいろな影響を受けてきた人が、現在から過去へ、歴史の中へ行ってしまう、この喪失感。
自分も歳をとっているのだと、実感してしまう。
マンボウさんとは親子ほど歳が離れているけど、ともかくも同じ時代を生きられたことに感謝。合掌。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。