FC2ブログ










朝 

「ホオアカ」
DSC_2831.jpg
「セッカ」
DSC_2854.jpg
車中泊で朝を迎え、いつもの高原の鳥たちに遊んでもらう。
まだ周りが薄暗い時間、久し振りにオオジシギの声を聞いた。
思いがけずセグロカッコウの声を聞けたのはラッキー。ツツドリやホトトギスの声も森の中から。
一方、ヨタカやトラツグミの声は皆無。
セッカは数は多いけど、なかなか撮らせてくれない。

(撮影)2019.05.25 大分県九重タデ原

スポンサーサイト

初夏 

DSC_2814.jpg

DSC_2703.jpg

DSC_2822.jpg

DTH_8297.jpg
暑い日と涼しい日が交互にやって来るいまの季節。
日が暮れる前の高原は、少し湿ったひんやりとした風が吹く。
去年少なかったホオアカがあちこちでさえずり、ノスリの姿も。

毎年、同じ場所で同じようなものを撮っている。
過去の自分を真似る袋小路に入っているのではと自戒。

(撮影)2019.05.24-25 大分県九重タデ原


ノビタキ 

DSC_1295.jpg

DSC_1493.jpg

DSC_1361.jpg
街はハロウィンのイベントやセールで賑やか。
オレンジ色の飾りつけがあちこちで目に留まる。
クリスマスケーキの注文を聞かれ、思わずカレンダーを見る。

今年もノビタキが当たり前のようにやって来て、
そして去っていった。

(撮影)2018.10.08 福岡県新宮町  Nikon D300+AF-S500/4D


今年も行ってきました 

DSC_0097.jpg

DTH_7918.jpg

DSC_0478.jpg
少し前になったが、今年も九重・阿蘇の高原へ息抜きに。
去年はセグロカッコウが鳴いており、ゼーハーしながら歩き回ったが結局姿は見れなかった。
ことしはいつものカッコウやツツドリの声。
クロツグミやオオルリの声もにぎやかだった。

(撮影)2018.06.16~17 


ノビタキ② 

DSC_7877_2017110423065137d.jpg
この三連休を境に急に寒くなった感じ。
ノビタキたちはもう南へ去ったことだろう。

(撮影)2017.10.29 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S500/4D


ノビタキ 

DSC_7672_201710292301136f2.jpg

DSC_7728_20171029230112bcb.jpg
冷たい風が吹き、ツワブキの黄色い花が目に付く頃になると、ノビタキがやって来る。
今年は少なめで、ご近所の田畑には2羽しか見当たらず。

(撮影)2017.10.21 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S500/4D


無題 

「セッカ」
DSC_5920_20170624230447b00.jpg
モーレツにだるくて何もできない週末がときどきやって来る。
濁りきった血液が流れ、薄い鉛でできた服を着ているような気分。

スーパーの鮮魚売り場のタコの上には「半夏生」の文字。
やっと梅雨らしい雨の降る日、一日中横になって過ごす。

(撮影)2017.05.28 大分県九重長者原 Nikon D300+AF-S500/4D


ノビタキ 

DSC_2901_201610301918163b4.jpg

DSC_2885.jpg

DSC_3022_20161030191813dc8.jpg

DSC_2909.jpg
ご近所の田畑に、4羽が到着。
なかなか近づかせてくれないが、久し振りの鳥見&鳥撮り。
500ミリと三脚が一段と重くなったように感じる。

(撮影)2016.10.16 福岡県新宮町  Nikon D300+AF-S500/4D


今年も高原へ 

DSC_2568.jpg

DSC_2558_2016070521110267c.jpg
土曜の午後から出かけ、夕方の高原を歩いて鳥を写し、夜は温泉に浸かってから、車中泊。
翌朝、夜明けと共に朝の高原や森を歩く。
そんなことを毎年のように繰り返してきた。
が、今年は直前に降った大雨で、九重や阿蘇の道があちこち崩れ、結局阿蘇には行けず。
九重の車中泊は、広い駐車場に車は自分の1台だけ。
こんなことは初めてだった。

(撮影)2016.06.26 大分県九重長者原 Nikon D300+AF-S500/4D


窓辺 

DSC_0920_201603282046432d9.jpg

DTH_6705.jpg
どうにもダルくてどこにも出かける気がしない日は、スボラをして窓から見えるものを写す。
珍しくサルスベリの高い枝に来たアオジと、抜き足差し足のネコ。

(撮影)2016.03 福岡県新宮町