佐賀へ③ 

「ズグロカモメ」
DSC_5165.jpg

DSC_5167.jpg

DSC_5168.jpg
ひらりひらりと軽快に飛び、時折ストンと落ちるように干潟に降りてカニを獲る。
この鳥を500ミリで追うのは、難しいやら、楽しいやら。

(撮影)2013.11.09 佐賀県大授搦 Nikon D300+AF-S500/4D


彼岸 

「セグロカモメ」
DSC_9535.jpg

DSC_9648.jpg
春の海。
少し暖かくなった風に巻き上げられた砂が、窓のすき間から車の中に入ってくる。
いつの間にかもう春の彼岸。

(撮影)2014.03.16 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S500/4D


曽根干潟 

DTH_4453.jpg

DSC_6932.jpg

DTH_4449.jpg
少年サッカーの試合で北九州へ。
天気も良く時間があったので、曽根干潟へ寄り道。
ここへ来たのは15年ぶりくらいか。
博多湾東部ではほとんど姿を消したズグロカモメが、目の前をふわふわ飛ぶ。

(撮影)2014.01.05 福岡県北九州市小倉南区曽根


ウミネコ 

DSC_6071_20131220231132ff0.jpg
最近は雨の日が続く。
晴れた日の刺すような冷気とは違い、濡れた手や靴先からしみて来る寒さ。
いつの間にか12月も後半。
またひと月が過ぎるだけなのだが、12月という月はやはりこの一年を振り返らせる。

茫洋と広がる海の、一点に集中して群れるウミネコ。
水面近くに魚の群れでもいるのだろうか。

(撮影)2013.12.15 福岡市東区志賀島 Nikon D300+AF-S500/4D


佐賀へ④ 

「ズグロカモメ」
DSC_4951_201311062232152a6.jpg

DSC_4923.jpg
この鳥は、博多湾ではなかなか見ることが難しくなった。
ここに来ればいつでも群れに会える。

(撮影)2013.11.03 佐賀県大授搦 Nikon D300+AF-S500/4D


こぞことし 

DSC_2879_20130902213453568.jpg
去年の在庫から。
一年前の今頃は、近所の砂浜でウミネコを撮って遊んでいた。
あぁ、何か撮らねば・・・

(撮影)2012.09.02 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S500/4D


たそがれどき 

DSC_2600.jpg
日が沈み、ようやく陽射しから開放される時間。
橋の街灯は、ウミネコたちのためにあるようなものだ。

(撮影)2013.08.18 福岡市東区名島 Nikon D300+AF-S500/4D


在庫から 

DSC_6116.jpg

DSC_5862_20130715011037.jpg
去年の夏のコアジサシ。
今年の繁殖は結局ナシのようだ。
毎週末通った、コアジサシのいる砂浜の夏の日差しと、くらくらするような暑さ。
今年の夏はなんだか物足りない。

(撮影)2012.07.15 福岡市東区西戸崎 Nikon D300+AF-S500/4D


コアジサシ 

DSC_9358.jpg

DTH_2689.jpg

DSC_9323_.jpg
今年もそろそろコアジサシの繁殖シーズン。
この時に見た群れは、抱卵を始めたものもいたが、結局この場所を去ったようだ。
次の群れが到着するのが待ち遠しい。

(撮影)2013.05.12 福岡市東区西戸崎


☆謹賀新年☆ 

「セグロカモメ」
DSC_0785.jpg

DSC_0991.jpg
新年おめでとうございます。

昨夜は「今夜も生でさだまさし」を見た後、結局4時頃まで起きていた。
晴れたり降ったりの元日。
年賀状など書いて過ごす。

(撮影)2012.12.31 福岡県新宮町 Nikon D300+AF-S500/4D