謹賀新年 

DSC_8168.jpg
いただきものの胡蝶蘭。
雑然とした家に、場違いなほどの「気」を放つ。
写真は相変わらず停滞しているが、
ぼちぼち今年も撮り続けよう。


ヒゴタイ 

DSC_6079.jpg
更新をサボっている間に、お盆休みも通り過ぎて行く。
高原では夏の終わりから初秋にかけて咲く、青や紫の花が目につくようになってきた。

(撮影)2017.08.12 大分県九重長者原 Nikon D300+AF-S500/4D


梅の季節 

DTH_5923.jpg

DTH_5896.jpg

DTH_5945.jpg

DTH_5902.jpg
細かい雨が降る日曜日。
何か撮らねばと、とりあえず外に出る。久方ぶりのカメラがずいぶん重く感じた。
足元をぬらしながら、里山を少し歩く。
メジロやカワラヒワ、ヒヨドリの声がにぎやか。

(撮影)2015.02.22 福岡県新宮町 Nikon D200+VR16-85/3.5-5.6


センニンソウ 

DTH_5644.jpg

DTH_5640.jpg
クズの葉とからみ合うように咲く白い花。
狭い山道で車を停めて、対向車が来ないうちに大急ぎで撮る。

昨日は寝ぼけて、書きかけの下書きをアップロードしてしまっていた(汗)。

(撮影)2014.09.15 福岡市東区志賀島 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


ヒガンバナ咲く 

DTH_5630.jpg
稲刈りの終わった田んぼでは、にぎやかなスズメたちの声とわらの匂い。
窓から吹き込んでくる風が、エアコンはもういらんよと言っている。
今年も秋の彼岸の季節。

(撮影)2014.09.15 福岡市東区志賀島 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


ウマノスズクサ 

DTH_5530_201407192116567f1.jpg
最近は雨が多かったせいか、ウマノスズクサが勢いよく伸びて地味な花を咲かせている。
知ってる人は知ってる、ジャコウアゲハの幼虫の食草。
遠い昔高校生の時、二つ隣の町の松林に生えているのを掘って実家の庭に植えたものが、細々と生きながらえている。
ジャコウアゲハが、そのうちふわふわと飛んできてくれるのではないかと秘かに期待。

水曜日からセミが鳴き始め、入道雲が空ででかい顔をしている。
今年も盛夏の始まり。

(撮影)2014.07.19 福岡県新宮町 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


開店休業 

DSC_3377.jpg
なんだかんだと時間がなくて、鳥の写真は開店休業。
干潟では、そろそろ春のシギチドリの第一陣が到着する頃だろう。

去年撮った蘭。
ことしもまた咲き始めている。


初冬 

DTH_3942.jpg
朝な夕な、出かけるたびに、空気が冷たく乾いていくこの季節。
干潟からの帰り道、畑の脇には菊の香りが。

(撮影)2013.12.01 福岡市東区和白 Nikon D200+AF-S16-85/3.5-5.6G


彼岸花 

P9235986.jpg
ボーッとしているうちに撮り損ねた、今年のヒガンバナ。
彼岸を過ぎ、すっかり涼しくなった。
季節はどんどん移っていく。

(撮影)2013.09.23 福岡市東区志賀島 OLYMPUS EP-1+M.ZUIKO14-42/3.5-5.6


高原へ③ 

DTH_3133.jpg

DSC_2474.jpg

DSC_2484.jpg
ヒゴタイの花。
夏の終わりから秋にかけては、紫色の花が多く咲く。
どこか沈んだ、抑制の効いた美しさ。

(撮影)2013.08.13 大分県九重タデ原